フラット35の審査や条件を簡単にご紹介

フラット35の審査や条件を簡単にご紹介

 

 

借り入れ金額は100万円以上8000万円以下で、以前は建設費または購入費の90%までしかローンを組めませんでしたが、現在は100%の利用が可能です。

 

つまり年収などの条件さえクリアしてれば、頭金なしの100%ローンという形でも住宅購入が可能となったのです。(ただし、税金や登記費用などが必要となるので、突際すべてをローンでまかなうことはできません)

フラット35で融資決定までの流れは住宅を一から建てるとき、新築住宅を購入するとき、中古住宅を購入するときで変わってきます。

 

一から住宅を建設する場合は、まず借り入れ申込みが必要です。

 

一方、新築住宅の場合、売りが設計検査を中請し、合格した物件のみがフラット35利用可能住宅となります。

 

中古住宅の場合は、物件検査に合格すれば借り入れを中し込めます。

 

どの場合も、その物件がフラット35が定める建築基準に適合していることを証明する適合証明迸が必要です。