ローン利用者のための住宅借入金等特別控除

 

ローン利用者のための住宅借入金等特別控除

 

 

ローン利用者のための住宅借入金等特別控除

新築の取得費用をローンでまなかう場合、

その残高に応じて所得税が軽減される特例がありますぜひとも利用したい節税方法の一つです。

住宅ローンを組むなら必ずチェック

 

 

<ほとんどのケースで適用可>

 

国の方針として、新築の取得は常に歓迎されています。その一環として税制の優遇があるのですが、住?借入金等特別控除もその一つ。年収が3000万円以上あるとか、ローンを組まずに現金一括払いで買うような場合を除き、平均的な新築収得のケースであればだいたいは適要されます。右ページに適のおもな条件を挙げたので、参考にしてください。

 

 

<最高で総額500万円まで>

 

住み始めた年とそれ以降の年数に応じて、毎年の所得税と住比税から規定の額が控除されます〇たとえば、平成21年中に新築を取得した場合、10年問にわたって、所得税が控除の対象となり、総額で500万丨1】まで控除できます。住宅ローンなどの年末残高の100分の1を所得税から差し引けるので、たとえば、平成21年の年末にローンの残債が3000万円あった場合、30万
円を控除できるというわけです。

 

なお、新築の取得以外に、増改築の?合でも一定の要件を満たせば、この特別控除が受けられます。