新築の税金 不動産取得税など いくらくらいか?

新築の税金 不動産取得税など いくらくらいか?

 

<不動産取得税>
家や土地に限らず、不動産を取得したすべての個人と法人に課税される
課税標準額X0.5X0.03=税額
課税標準額は固定資産税評価額を用いる。税率が3%なのと課税標準が1/2になるのは、平成24年3月31日までに土地及び住宅を取得した場合の特例(土地に関する課税標準は1/2)

<登録免許税>
不動産に限らず各種登記をするときUか力ゝる国税

 

平成25年3月31日までの軽減措置建物は平成23年3月31日まで0.3%。土地は平成23年3月31日まで1%、平成24年3月31日まで1.3%(オンライン申請で最高5000円減額)、平成25年3月31日まで1.5%

 

<消費税>
国税としての税率は4%で、残りの1%は地方消費税として徴収される。ただし、土地の購入に消費税はかかりません

不動産取得税には軽減措置があるその土地を所管する各都道府県の税事務所で手続きをする

 

 

新築 不動産取得税の軽減について

 

新築 不動産取得税の軽減について

 

 

不動産取得税には軽減措置があります。

 

 

<新築の建物>

1200万円の控除
(長期優良住宅の場合は1300万円)条件①床面?50㎡以上240以下(マンションは40㎡以上)

 

 

<新築の土地>

控除額=1/2後1㎡当たり評価額X床面積の2倍(上限200㎡)X0.03※4万5000円以下なら4万5000円条件①取得後3年以内に新築
② 借地に新築後1年以内に取得
③ 未入居土地付き住宅を取得

 

 

<中古住宅の建物>

築年数により一定額を控除条件①床面積50㎡以上240㎡以下②木造築20年以内、鉄筋コンクリート造ほか築25年以内

 

 

<中古住宅の土地>

控除額=1㎡当たり評価額X床面積の2倍(上限200㎡)X0.03※4万5000円以下なら4万5000円条件①取得後1年以内に住宅取得②借地の中古住宅取得後1年以内に取得

取得時に支払う税金はこの四つ<印紙税>
お金のやりとりに関わる害類にかかり、その書類に税額ごとの印紙を貼る