新築の税金 固定資産税や軽減措置

新築の税金 固定資産税や軽減措置

 

<新築取得時の様々な税金と控除>

 

予算に組み込むことを忘れがちなのが、新築取得時の税金控除や優遇措置があるので、しっかり活用して出費を少しでも減らしましょう。

 

<払う税金の種類は意外に多い>

売買契約や金銭の授受などで書面を交わすとき、多くの場合は印紙税がかかります。ローンを組む場合はローン契約と売買(または工事)契約の両方に課税されるので注意しましょう。税額は契約省に迸かれた金額に比例し、5000万円を超える場合は印紙税も10万円以上と高額になります。

所有権の赍記をするときにかかるのが登録免許税です。不動産の所有権は「移転」して「保辟」する2段階式なので、それぞれで課税されます。

さらに、不動産の取得そのものに課税される不動産取得税も支払います。あらゆる不動産の取得が対象で、倘人と法人の違いや登記の有無も一切閲係ありません。

 

建物には消費税もかかる!

 

住宅の“購入”と“建築”を問わず、述物部分には消竹税がかかります(土地は非課税)。価格が高い分、消费税額もそれなりの出費になるので予算配分に注意してください。

 

不動産取得税の軽減措置

 

先に触れた不動産取得税には、新築つまり個人の件/宅取得に限って軽減措Hがあります。土地と建物、そして新築か中古かでそれぞれ適用される条件が変わってきますから、自分たちの新築に適されるかどうか調べておきましょう。また、屈出の期問が自治体ごとに決まっているので、合わせて確認します。

 

新築は登録免許税が優遇される

個人が住宅を取得する場合、建物について登録免許税の優遇措置があります。所有権の移転登記は税率が2.0%から0.3%に、保存登記は0.4%から0.15%にそれぞれダウン。対象は取得後1年以内の登記のみです

 

シロアリの駆除費用は、雑損所得として控除できる

家財や家屋の保存という観点から、シロアリを愛知で駆除される方、雑損所得として控除が認められています。詳しくはサイトをご覧ください。

 

 

いかがでしたでしょうか、参考になりましたら幸いです。