新築時の借入金の金利について

 

新築時の借入金の金利について

 

 

借入金の条件
・住宅の新築または購入のための借入金・返済期間が10年以上、控除を受ける年の年末の残高が2500万円以下(2500万円を超える部分には適用されない。平成20年は2000万円以下に引き下げ)・社内融資の場合は金利が1%以上

 

住宅の条件 ・登記簿に表示されている床面積が50m’以上・居住用のスペースが上記床面積の2分の1以上・中古住宅は、耐火建築物なら取得日以前25年以内、それ以外なら20年以内に建てられたもの(平成17年4月1日以降の取得なら、一定の耐震基準を満たしていればこれらの年数は不問)

 

必要な手続き
・確定申告(下記書類を添付)
新築、新築住宅購入…住民票の写し、借入金の年末残高等証明書、物件の取得年月日や対価、床面積を示す書類など
中古住宅購入 上記の書類に加えて登記事項証明書、建築士や専門機関による耐震基準適合証明書など