住宅ローンの返済と上手く付き合うコツ

 

住宅ローンの返済と上手く付き合うコツ

 

 

現実的な計画を立てて臨んだ住宅ローンの返済も、いざ始まってみるとなかなか大変なものですよりスムーズな返済生活のコツを解説します。

住宅ローンも“安全第一”

まず考えたいのは、返済と家計そのものの安全を確保すること。とくに返済期丨丨は絶対に守る必要があるので、その中に入ってから資金繰りを考えるのでは遅すぎます。

 

返済の口座残高には常に余裕を持たせておきましょう。

家計の安全には、やはり節約が必要です。でも、生活のレベルを落とすのはあまり健全とはいえませんし、第一、続きません。無駄な出費を抑えることで節約するのがベストです。

 

 

頑張ってお金を貯める!

 

住宅ローンには、返済総額を減らすための繰り上げ返済があります。

これを利用しない手はないので、ボーナスや咎段の節約分をできるだけ貯落に回し、まとまった資金をつくりましょう。もちろん、そう簡取にお金が貯まるわけではありませんが、長い目で見れば人きな“節約”になるので、がんばりたいところです。

 

 

資金計画や返済方法を見直す

 

與体的なお金の出入り以外にも、まだまだ工夫できることはあります。例えば、やがて訪れる大きな出費を早めに予想すること。それで負れ~が減るわけではありませんが、より現実的な資金繰りを検討できます。また、住宅ローンは返済方法を多少アレンジできることが多いもの。家計の状態は一定ではないので、その時々で今より返済しやすいプランがないか、借入先に問い合わせてみましょう。

 

 

マイホームは人生で最も大きな買い物

 

マイホームは人生で最も大きな買い物

 

 

 

マイホームは“人生で最も大きな買い物”だといわれます。確かに、何度も買い換えるものではありませんし、住んでいる期間の大半が住宅ローンの返済期間、ということになると、文字通り一生の付き合いになります。

 

高額な買い物には誰でも慎重になるものですが、特にマイホームの場合は「失敗した。。」と笑って済ませられる金額ではないので、ぜひとも一発でベストな我が家を手に入れたいものです。

 

これから人生初のマイホームを持とうと考えている人、なかでも「マンションか一戸建てかわからないけれど、とりあえずマイホームを持ちたい」という正真正銘のスタート地点に立っている人へ向けて刊行しました。ベストなゴールを目指すために必要なのは、スタート時になるベく幅広い情報を持っておき、できるだけ選択肢を広げておくことです。