2018-10-10

 

新築住宅は10年保証!

住宅品質確保促進法で国内のすべての新築住宅は構造上重要な部分について最長10年間保証されています。

シロアリを岐阜の業者で頼むと5年の保証

また、平成21年以降、完成した物件は、完成後10年問は保険または供託金でたとえその物件を作った会社が倒産しても瑕疵があれば消費者は守られます。

ただし、構造的欠陥以外の不適合(発生率はこちらが高い)が起きたら大変です。
業者を選ぶときは(財)住宅保証機構にしている施工業者を選ぶなど、予防対策も大切です。

マイホームを持つことは、よく一生に一度といわれるほど高額な買い物です。
しかし、多くの人が何十年ものローンを組んでまで買っているのは、そこまでして手に入れたい魅力があるからにほかなりません。

それに加えて、近年はマイホーム取得に有利な状況がいくつかあります。

一つは、金利が低いこと。
1980年代には住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)でも5%強、銀行では8%を超えることもありましたが、90年代半ば以降はどちらも2.5%辺りに着いています。

もう一つは、建築技術全体の発達により、住宅建築のコストが下がっていること。
もちろん物件によって個体差はありますが、同じ条件なら昔より実的な用は安くなっています。

これはマンションにも当てはまりますから、同じ値段で以前よりは品質の高い物件が買えるというわけです。