マイホームの登記するのはいつか タイミングと自分でやる?

マイホームの登記するのはいつか タイミングと自分でやる?

 

 

 

マイホーム取得の時に必要な登記はこのあたりです。

 

建物や土地の所有者が変わるときは登記を行います。
新築と中古、マンションと一戸建て、購入と建築でそれぞれ登記の種類に違いがあります。

 

必要な登記とその意味を知っておきましょうう。

 

 

新築物件購入時の登記

新築マンションを買ったときは、その不動産(専有部分)の登記簿を開くための「表示登記」と、所有権の「保存登記」をします。マンションはいわゆるマンション法の規定で各戸の専有部分と土地を区別しないため、土地の登記は必要ありません。

建物について表示登記と保存登記をするのはマンションと同じですが、土地についても所布権の「移転記」をします(土地は必ず元の所有者がいるので、保存?記ではなく移転登記)。土地の移転登記は売り主と買い主が共同で行うものです。

 

中古物件購入時の登記

中古のマンションや一戸建てを購入した場合は、所有権の保存登記はなく、移転登記のみです。
これも一戸建てのほうは上物と土地を分けて考えるので、それぞれの移転登記が必要です。

 

一戸建て新築時の登記

購入ではなくマイホームを建てたのであれば、表示と所荷権の登記、さらに土地の所有権の移転登記を行います(借地に家を建てた場合、土地の登記は「借地権」になる)。

ちなみに、ほとんどの場合、マイホーム取得時の登記手続きは業者側がやってくれますので、買い主や建て主が一から必要書類を調べて準備をするようなことはありません。
もし自分だけで登記手続きをすることになったら、念のため司法に手続きを依頼するとよいです。

 

 

コメントを残す